エピジェネティクス

幹細胞(いろいろな種類の細胞に変化する前の、もととなる細胞)に、「分化誘導因子」などの物質などによる刺激が与えられ、特定の組織を構成する細胞に変化していくこと。