「タンパク質」とは何ですか?どんな役割がありますか?

遺伝性疾患プラス編集部

「遺伝子の働き」Topに戻る

タンパク質は、大きくて複雑な分子で、体の中で多くの重要な働きをしています。その働きは、ほとんどが細胞内で行われており、体の組織や器官の構造、機能、調節に必要なものです。

0907 02 02what Are Proteins And What Do They Do

タンパク質は、小さなアミノ酸が数百から数千個、長く鎖のようにつながって出来ています。タンパク質を構成するアミノ酸は20種類あり、それらの組み合わせでタンパク質は出来ています。アミノ酸の配列(並び順)により、各タンパク質の立体的な構造と特定の機能が決定されます。アミノ酸は、遺伝子配列として刻まれている4つのヌクレオチド(A、T、G、C)の並び順のうち、3文字ずつの組み合わせによってコードされています。

タンパク質の幅広い機能には、下表のようなものがあります。

タンパク質の種類 説明
抗体(Antibody) 抗体は、ウイルスや細菌などの特定の異物と結合し、体を守る働きをする 免疫グロブリンG (IgG抗体)
酵素(Enzyme) 酵素は、細胞内で起こる何千もの化学反応のほとんどすべてを行う。また、DNAに組み込まれた遺伝情報を読み取り、新しい分子の形成を助けるものもある フェニルアラニン水酸化酵素
メッセンジャー(Messenger) ホルモンのような、メッセンジャーと呼ばれるタンパク質は、異なる細胞、組織、器官間の生物学的プロセスを調整する信号を伝達する 成長ホルモン
構造形成
(Structural component)

小さなところでは細胞に構造を与え、支えているほか、大きなところでは体全体を動かすためにも働いている アクチン
輸送/貯蔵(Transport/storage) 原子や小分子と結合し、それらを細胞内や体全体に運ぶ フェリチン

 

(遺伝性疾患プラス編集部)

関連リンク

遺伝子の働き 」の記事

  • 「タンパク質」とは何ですか?どんな役割がありますか?
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページ内の画像は、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。
こちらのページから遺伝に関する説明図を一括でダウンロードすることも可能です。