細胞はどのように分裂しますか?

遺伝性疾患プラス編集部

「遺伝子の働き」Topに戻る

細胞分裂には、「有糸分裂」と「減数分裂」の2種類があります。多くの場合、「細胞分裂」というと、新しい体細胞を作るプロセスである有糸分裂を意味します。減数分裂は、卵子と精子の細胞を作る細胞分裂です。

有糸分裂は、生命にとって基本的なプロセスです。有糸分裂では、細胞は染色体を含むすべての内容物を複製し、分裂して2つの等しい娘細胞を作ります。このプロセスは非常に重要であるため、有糸分裂のステップは特定の遺伝子によって厳密に制御されています。細胞分裂が正しく制御されていないと、がんなどの病気を引き起こす可能性があります。

もう一つの細胞分裂である減数分裂は、人間がどの世代でも同じ数の染色体を持つことを保証するものです。減数分裂における2段階のプロセスで染色体の数は46から23に半減し、精子または卵子が形成されます。受精が起こり精子と卵子が結合すると、それぞれが23本の染色体を持つので、そこから生まれる子どもは通常46本の染色体を持つことになります。また、減数分裂では、細胞が分裂している間に遺伝子が入れ替わる「相同組み換え」が起こることで、遺伝的な多様性が生まれます。(提供:ステラ・メディックス)

関連リンク

遺伝子の働き 」の記事

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページ内の画像は、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。
こちらのページから遺伝に関する説明図を一括でダウンロードすることも可能です。